ゲーム日記

FF3をクリア!

先日、ニンテンドークラシックミニを購入し、FF3をせっせと攻略していましたが、約1か月ほどでクリアしました!(攻略情報見ながらですがね汗)今回は、初見でやってみての感想とFF3の魅力をば、ご紹介します!

王道のストーリー

 

FF初代のクリスタルを巡る光の戦士と闇の使者とのストーリーは変わらず。選ばれし4人の戦士が世界中を巡る大冒険。初代、2はプレイしておらず、ストーリーをざっくりとしか知らないのですが、大筋のストーリーの流れに沿って進んでいきます。クリスタルが魔王ザンデにより脅かされ〜うんぬんかんぬん。光の戦士がクリスタルを取り戻すべく、魔王に立ち向かっていくという、お決まり王道のストーリー。冒険の途中で、町の人たちや臨時で参入する仲間もいて、助け合いながらの冒険でした。

キャラの成長はプレーヤー次第

 

基本的には4人のキャラをジョブを変えたりして成長させていくのですが、個体値とかもなく、自分で考えて戦士系にするか魔道士系にするか、考える必要があり、育て方も自由度が高いな〜と思いました。私は攻略情報通りにジョブも構成してましたが、初見で情報なしで挑んでいたら多分クリアできなかったんでないかな?と思う程。

FFTみたいに、新しいジョブが出たからそれをやらなきゃ!という焦りは禁物で、レベル上げにはこのジョブ、このダンジョンにはこのジョブ構成で、というように、どのジョブが適しているか見極めるのが攻略のカギになると思いました。

アイテムは使ってみないとわからない!

「リリスのくちづけ」というアイテム。敵に使う魔法効果のあるアイテムがFF3には多く登場しましたが、なんと!アイテムの説明がアイテム欄で出ないのです!

4以降は出たような?少なくともショップで説明は出たような気もしたのですが、ショップでも何がなんだか?という状況で、使ってみないとわからん。ちなみにリリスのくちづけは魔法効果「デス」でした。売らなきゃよかった。。。

「かめのこうら」は白魔法「プロテス」とかね。光のカーテンとかはFF10でもあったから分かったものの。「しろのかおり」ってなんぞ?また、武器や防具を買うギルが足りず、アイテムを売ったりしていましたが、とにかくアイテムの選定に苦労しました汗

ワールドマップで迷子!?今どこ?

 

白魔法に「サイトロ」という魔法がありました。これはなんぞ?と思っていて、戦闘中に使っても、効果なし。フィールドで使ってみたところ、ワールドマップが!!!そういえばどこを押してもマップが出ない、メニューにもないのはそのせいか!でも、なんとかなるか、と思っていたのですが。意外と広い!

初めにいた浮遊大陸は小さな島のようなもので、世界地図はとーっても広かったです!サイトロもしくは「こびとのパン」というアイテムを活用し、飛空挺で世界何周した事やら笑。ドーガの村が一番迷いました。

衝撃のラストダンジョン。こんなに楽でいいの?

 

はい。ラストダンジョンの闇の世界ですが。ラスダンといえば、雑魚も強いし、道のり長いし、セーブポイントないし、最後の雑魚敵でもやっぱり強い、一撃必殺系の魔法は効かないというのは、歴代のFFでは当たり前になってきてました。んが!FF3では違いました!なんと、「デス」「デジョン」の一撃必殺系魔法が有効!さらに!「トード」「ミニマム」にして戦闘不能にすることも可能!という、なんて楽なんだー!!!と思いました。セーブできないけどこれなら許す。

FF9好きからみたFF3

FF9は原点回帰という作品だけあって、クリスタルに纏わる話であったり、歴代のFFからのネタもちょいちょいありました。中でもやっぱり印象的で、強いつながりを感じたのはこちらではないでしょうか?

♪[ドーガとウネの館]♪

この名前が出た時には「うお?これは?!」と思いました。FF9のサブイベント「わらしべ長者」で最終的に行き着く、黒魔道士の村で音楽が変わりますが、その時にかかる曲のアレンジ版。また、ドーガとウネが助けてくれた時に言っていたセリフと同じことが、FF9の「ウネの夢幻鏡」というアイテムの説明に書いてあります。

他にも巨大戦艦インビンシブルとかね。こういうつながり感じるの、いいわあ〜。

FF3はドットも音楽も良い!

ドット絵が可愛くてもう、良きでした!メニュー画面とか、クリスタルタワーのクオリティが良かったですわ。限られた色やbit数であれだけ表現できるものなんだな〜と。

音楽も、ファミリーコンピュータですからね!?音の数にも限りがあるんだろうなと思いながらも、8bitの音でここまで表現できるのか!と、個人的には「クリスタルのある洞窟」などの洞窟でかかるBGMがすごいな〜と思いました。オクターブって不気味に聞こえることもあるよね?そんな感じがしました。

 

 

最後は平和になって良かった〜!

FF3は初めてFFをプレイする方に向けては難しいかもしれませんが、難しさの中にも面白さがあったり、現代のゲームにはない自由度の高い王道RPGだと思いました。DS版でリメイクもされているので、そちらの方がキャラの個性や表情もあって、それはそれで楽しいかもです(^ ^)気になる方はプレイしてみては?

 

ABOUT ME
せんば千波
管理栄養士として委託会社、障がい者施設を経験。仕事でのメンタルブレイクをきっかけに好きなことをしようと心に決め、働き方、生き方について分析、学習するようになった。心と体の健康を追求し、言葉と音楽の力を信じて生きている。物語ゲーマー、旅と料理が好きな健康オタク。姪っ子育児に奮闘中!