ゲーム日記

FF7Remakeストーリークリア!プレイしての感想〜原作既プレイ者が語る〜

どうも。お久しぶりです。せんば千波です。

プレイ日数約14日間、プレイ時間約46時間で1週目ストーリークリアしました!

今回は、原作をうん年前にプレイし、他コンピレーション等もプレイしたせんばが、リメイクのストーリーについてを中心に語ります。

チャプター9〜エンディングまで。(*チャプター18:運命の特異点は録画禁止区間のため画像がありません)

ネタバレを含みます。ご注意ください!

あくまで私個人の感想です。一つの意見としてご覧ください。データなどは下調べしたものを書いてますが、誤りがある場合もありますのでご容赦くださいまし。

神羅ビルを探検…?できなかった。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200506230207

 

原作でも楽しみだった神羅ビルに突入作戦!

宝箱もそうですが、神羅の社員やいろんな設備、カードキーやクイズやクーポンなど様々な仕掛けがあり結構楽しめたので、リメイクはどうかな?とワクワクだったのですが、

めちゃくちゃ綺麗でした!

なんですかこれは。一流企業のオフィス的なフロアから、社会科見学用の案内まであり、最後の最後でバトルシミュレーターという名の闘技場が。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200506225047

 

コルネオコロッセオを進めていないと追加されない項目もあるようでしたが、1週目だったので1回訓練しただけでスルーしました。ちゃっかりチャドリーもきてましたね。

最後に武器のリセットとかもここでできるみたいです。

夜景が最高でした😊あとトイレが清潔感があって照明も綺麗で、良き。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200507224940

 

いろいろあって、クラウドがリユニオン症候群(今考えた)を引き起こして倒れ、目覚めた部屋がなんと!

エアリスのお部屋だそうな。

幼少期を過ごした部屋がそのまま残ってるなんて、神羅も人手不足?

エアリスのお部屋は壁に絵が描いてあって、寂しさを紛らわすためのものだったのかなぁ〜と思いながらも、部屋を後にしました。

エアリス救出場面がなんか違う

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200507224454

 

順番が前後しますが、神羅ビルにてエアリスを救出すべく、科学部門の研究室を目指していた一行は、宝条の後を追って、ついにエアリスのいる研究室へと辿り着く!

盛り上がるイベントのはずが、あの時の感動がない。

なーんか違うなと思ったので、原作との違いをちょっとおさらいします↓

  • 実験と称して、同じポッド内に入れて、レッドXIIIにエアリスを狙わせようとしていた(原作)/エアリスは閉じ込められていて、レッドXIIIは別の部屋の個室に。(今作)
  • レッドがエアリスに話しかけていた。(演技してるんだ的な)(原作)/エアリスがレッドに触れると怒りや警戒が治まり、言葉を発した。(今作)
  • ジェノバの入ったポッドを見る(原作)/ポッドはなく、イベントのセフィロスと対面後、地下でジェノバを見る(今作)

もう全体的に演出やストーリーも変わってるので、そこに合わせてなのかもしれませんが。

ジェノバは結構衝撃だったのに。そのシーンがここにはなく、後半に出てきました。宝条の研究者らしくも憎たらしさのある話し方はいい感じでしたね!

プレジデント神羅やジェノバの演出について

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200508211642

 

まずはプレジデント神羅についてです。

ジェノバの血のあとを追って、社長室に辿り着いたら・・・・死んでる!(原作)っていうのがなかったのです。ご覧の通り、誰かに外に出されて落ちそうになっとるではありませんか!

長い剣に刺されて死んでるあの姿を見て、神羅は終わったとか、剣を見てセフィロスだとかがわかる場面だったのが、ここでも変わってました。

おまけにバレットまで刺される始末。かわいそうに。(助かるけど)

そうして「腕に数字のある黒マントの男」が出てくるのですが、ワードとしては「黒マントの男」は今作では出てきてなかったように思います。

セフィロス初登場は原作だとどこだったかな?

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200508211059

 

クラウドが「ジェノバ・・・、ここにいたのか」的なセリフが原作にあったようななかったようなうろ覚えですが、ジェノバの外見も原作とは違って、モンスター感ありますね。血も赤じゃないのね。

そして、神羅ビル広い!

神羅ビル脱出イベント

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200506213859

 

神羅ビルのエントランスにもバイクや車が展示されていたのですが、「このバイクは脱出用かな〜」と見ていたこれ。原作のものよより忠実に再現されてましたね。

 

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200508223143

 

このみんなが揃うシーンは原作と同じカットで感動しました!

(オート三輪じゃなかったっけ?)

ガハハが出てきたときにあの「アバランチ」「スラムの花売り」「実験体」ってセリフが出て、まあここも原作の名シーンを再現しているということで良しとしよう。「元ソルジャー」がききたかった。。。

バイクの演出がカッコ良かったから良し。

フィーラー?

スクショし忘れましたが、「フィーラー」という敵だか味方だかわからない奴が新登場です。

最初は黒マントの男とか、リユニオンとか言い出すのかと思ったら違いましたね。

「運命の流れを変えようとする者の前に現れ、行動を修正する」

セフィロスも切っているくらいだし、キーワードになるのは「運命」でしょうか?

謎が多い生物ですな。

各キャラの性格や人柄が変わったような?

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200506210433

 

原作だとエアリスとティファはあんまり仲良くなかったし、バレットもこの時点ではまだここまでクラウドに心を開いてなかったと思うし、神羅ビル脱出時点ですでにみんな仲良しで、、、、、恋の予感とかもありましたね。ドキドキシーンも結構あったな。

やっぱりグラフィックも音声も技術的にも演出が100倍も1000倍も向上してるだけあって、細かいセリフとか、キャラの表現とかもすごく伝わるようになりましたね!

昔はセリフ、文字だけでしたから。BGMも限りがありましたし。

すれ違った人の声とか、フォーカスがあたってない時に少し遠くに聞こえるセリフとか、情報量が増えたんだと思います。

宝条が実験に関して言っているシーンで、プロジェクトS、プロジェクトGの話がちょろっと出ていたような気がします。(CCFF7で出てくる神羅のジェノバプロジェクトの一環であり、セフィロスとジェネシスというソルジャークラス1stに関する話)

結論、クラウドくん優しくて良き。

生存者リスト

今作は新キャラも多数登場していましたが、原作では死亡していたキャラが、今作は生存しているというキャラもいまして、エンディングまでで確認できた人たちをあげておきます。(あくまで、個人の見解です)

  • ウェッジ(神羅ビルにて助けてくれますが、その後どうなったかは不明)
  • ビッグス(EDにてリーフハウスの2階の部屋に寝ているシーンがあります)
  • 7番街の人々(柱が崩壊した際に全滅したような気がしますが、今作ではエアリスや自警団の協力などもあり、犠牲が少なく済んだ模様)
  • *ザックス(EDに登場しますが、パラレルワールドの可能性が高い。CCFF7と違う描写で「勝った」と言って、クラウドとミッドガルに向かっている様子が見られました。)

ビッグスとウェッジが無事だったので、ジェシーも生きてるのではないか?!と思ってます。そうだといいな〜!

今思いつく限り、EDを見る限りではこのようになりました。

ここで生存しているとなれば、今後もアバランチとしてミッドガルに戻ってきた時などに助けとなるでしょう。次回作にも期待できますね。

時代の流れに合わせてる

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200506221639

 

FF7、原作が発売されたのは1997年(平成9年)。10年以上経ちますからね。そりゃあ時代の変化に合わせたアイテムになりますよね。

まずはタークスの携帯が当時は携帯電話(通話機能だけのね)、CCFF7でさえ二つ折り携帯でしたからね、今作ではスマホになってましたね。

もう一つは神羅ビルの設備についてです。受付はAIっぽいし、伍番魔光炉のときもプレジデントが直接きてくれていた(原作)のが、スクリーンに映されるという演出に。

社内見学ツアーでも、ARとかハイテクな物ばかり使われていて、最先端でしたね!惚れ惚れしてましたわ。

アニメとかでもそうですが、やっぱり時代の流れには合わせないとですね。

ザックス生存説????ムービーに登場!CCFF7のあのシーン。

最終チャプター「運命の特異点」やエンディングでも何度かムービーに登場した、この物語の重要人物ザックス。

今作ではちょくちょくフラッシュバックを起こしているクラウドに関連している人物であるということは、鋭い人には今作をプレイしただけでもわかるかもしれません。(私は既に知っているので、ムービーのたびに「ああ!あああああ!!!!」となんとも言えない顔で見てましたが。)

EDのあのシーンを見る限りでは、ザックスが生存しているのではないか!?というプレイヤーの方もいるでしょうが、「パラレルワールド」という仮説を立てているという方が多いように感じます。

私もあの、真正面に見せてきた忠犬スタンプ風のビラを見て、パラレルワールド説寄りです。

でもフィーラーが消滅した後のキラキラ光るミッドガルを、ザックスが見ていたのって何か意味があるんじゃないのかな?と思ったり。

時間軸は違うけれど、あのエアリスとすれ違うところで何か感じているのは確かなことで、今後どうなるか。次回作に期待ですね!

エアリスの「空、嫌いだな」って言っているのが印象的。CCFF7のザックスがEDに語っている(エアリスへの手紙だったかな?)で、「あの子、空が怖いって言ったんだ」って言っていたのを思い出しました。それとリンクしていて、ね。切ない。

ムービーはできているんでは?後半のあの名シーンも。

所々に、リユニオン症候群なのかなんなのか、フィーラーによって見せられていた映像もありましたが、今作にあった未来のシーン(原作にあったシーン)を一度整理して見ます。うろ覚え、明らかでない箇所あり。

  • ニブルヘイムでの過去の出来事。セフィロスが暴走し、村を焼き払った時の。ティファが父親を殺された時。
  • 忘らるる都でエアリスが刺され、白マテリアが湖の底へと落ちてゆくシーン
  • 忘らるる都にて、上のシーンの後に、エアリスを湖の底へと見送るシーン(少しぼやけてましたが)
  • レッドXIIIが故郷で走っている(原作のEDのシーンと同じ?)

もっとあったような気がしますが(汗)。このほかに、クラウドの回想シーンで、ミッドガルでは原作では登場しなかったシーンとして、ニブルヘイムのクラウド母との会話のシーンや(ティファとの給水塔でのシーン→どこだったかな?)など、結構詰め込まれていたように思いました。

フィーラーが運命をあるべき方向へと修正するのに対抗して、クラウドたちはそれらを打ち破り、運命に争う道を選んだという時点で、原作とは違う方向に向かっているのではないか?!とも思います。どうなるんでしょうね?

最後のセフィロス戦で詰んだ…最終決戦の準備は可能です。

何度も斬られて、攻略サイトを覗いて見たときに、初めて知ったのですが、、、、、

最終決戦は連戦だと思っていたのが、最最終決戦=セフィロス戦の直前でメニュー画面を開けるのです!!!!!!知ってました?

フィーラー=プラエコを倒した後、ムービーを挟んでセフィロスと対面。クラウドとセフィロスが1対1で剣をぶつけ合うムービーの時、左下に「メニューを開く」的なちっちゃなメッセージと□ボタン長押しのマークが!!!

これを見逃していた私は、何度もフィーラー戦からやり直し、何度もエアリスに「行く?」と聞かれたことか。ムービースキップ機能があって良かったけど、もっと早く気づいていれば・・・・・クゥ。

みなさん。運命の壁を越える前の準備はフィーラー戦に備えてください。セフィロス戦のことは考えなくても大丈夫です!

エンディングについての感想。エアリスは気付いているの?

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200502223450

 

生存者やザックスのことは既に書いたので、それ以外について。

今後に向けてのメッセージや伏線などが含まれていたと思いますが、今作の中でキーパーソンになるのは原作でも同様エアリスの存在。

最終チャプターの運命の特異点では特に、未来が見えている?何か悟っている?ような発言の多かったエアリスですが、そういえば、クラウドがエアリスと出会ったときにもフィーラーを見ていて、フィーラーに襲われていましたね。

フィーラーとエアリス、セフィロスとも何か繋がりがあるのかなぁと思ってます。

考察サイトや自分でも周回することでわかることもあるかもしれませんが、やっぱり完結までやらんと気が済まんような。この物語の終わりまで見届けたい気もしますが、何年かかるんでしょうね?泣

FF7RはFF7とは違う全く新しいゲーム

さて、長くなりましたが、感想考察は以上になります。

今後はトロフィーコンプに向けてやり込む予定ですが、ゆるくのんびりペースでやる予定です。ドレスコンプ、デートイベントで他二人のシーンを見たいと思ってるので、そこは最低限やろうかな〜と。

FF7原作もプレイ予定なので、それもクリアした後のリメイクに関する感想も書く予定でいます。

長文にお付き合いいただきありがとうございました!

楽しんで!

ABOUT ME
せんば千波
管理栄養士として委託会社、障がい者施設を経験。仕事でのメンタルブレイクをきっかけに好きなことをしようと心に決め、働き方、生き方について分析、学習するようになった。心と体の健康を追求し、言葉と音楽の力を信じて生きている。物語ゲーマー、旅と料理が好きな健康オタク。姪っ子育児に奮闘中!