ゲーム日記

[懐かしゲーム]スーパーマリオ64DSをやってみた!感想

どもども。せんば千波です。お久しぶりです!

今回はFF関連から逸れまして、小学生の時にプレイしたニンテンドー64ソフト「スーパーマリオ64」をリメイクした作品であるニンテンドーDS用ソフト「スーパーマリオ64DS」をプレイした感想などを語らせていただきます。

やったことのない方や64のソフトをプレイしたことがある方へ、懐かしさと共に少しでも参考になればと思います(☆∀☆)

ちなみに画面の収録とかが出来ず、ゲーム画面をそのまま写真に収めたものになりますのでご了承くださいませm(*_ _)m

プレイ環境-newNintendo2DS

リメイクに関しての感想~ハードはスライドパッドのあるやつに!

これは、最初にプレイしてみて思ったことです。本当に、操作しずらい!

64の時にあんなにスイスイ動いてノンストレスで歩いたり走ったりしてくれていたマリオ。DS版だと十字キーで移動、Yボタンを押さないと走れない!Bダッシュじゃないん?十字キーは強弱付けられないですから、デフォルトを歩くに設定されてしまったのでしょうが、そこを、デフォ走るにしてくれればもっとよかったのに!と思いました。何度飛び降り自殺したことか。

キャラクターが選べて楽しかった!

衝撃的なのが初めの操作キャラがヨッシー。他は救出しないと操作できません。もしくはステージ内にある帽子を取って変身することもできます。

ヨッシーを3Dで操作するのなんて初めてのことでしたね。声が可愛かった😊

そして、それぞれのキャラがフラワーによる特殊効果を得ないと攻略できない要素であったり、1つのステージで帽子をかぶるなどして、キャラ切り替えをしないとクリアできないようになっていたので、そこが原作のはてなブロックの要素と被っていたのかな?と思いました。

原作→マリオが特殊効果のある帽子をかぶることで攻略を進めていく。(空とぶ羽つき帽子、透明帽子、メタルマリオ)

DS版→*ヨッシー=ふんばりジャンプ、卵を投げつける、食べるなど

*マリオ=羽マリオや壁キック

*ルイージ=バック宙からのくるくるジャンプ、水面を走る、透明

*ワリオ=重い(風で飛ばされない)、メタルワリオ、黒ブロックを壊すなど

豊富な追加要素

原作とほぼほぼ変わらないマップやステージでしたが、キャラの変更があるためにステージの内容であったり、コースが変更になっているものがありました。

ステージの内容が変化

キャラの変更に伴って、ステージ内のコースの変更であったり、各ステージに一つ「シルバースターを集める」というのが追加されていました。

また、お城の隠れスターは隠れステージが増えていたり、隠し部屋が増えていることもあり、こちらも大幅に変更されています。過去の記憶を頼りにプレイしていたのが、全く役に立ちませんでした汗

主な追加ステージ

各キャラ救出ステージー3つ、お城の隠れステージー新たに2つ(宝探しアイランドー[ピーチ姫の部屋の左側の絵]・びっくり秘密基地ー[お城の中庭にあるレンガブロックの下])

コース内に優しい仕掛けが?!

あの〜これって、柵ですよね?

こんなのありました?優しくなってない?

こういうのが何箇所かあったようななかったような。気がついたのは「チックタックロック」のコース内の通路だけでしたが。操作性が悪い分助かりました。

チビデカアイランドにチビ島では何度も落ちましたがね。

それと、1番の要素と言えばDSならではの2画面を活用した「マップ表示」でしょう。これは重宝しました。

敵のグラフィックが変化

「やみの世界のクッパ」コースで初めてのクッパ様とのご対面。

あら?こんなに丸かった?

トラウマNo. 1のウツボくん。目、ギョロっとしてなかった?

ドッシーの地底湖。あら?帽子被ってる???

みずびたシティーの絵画とステージ内。アメンボ?みたいな敵。目が赤くてもっとギョロっとしてて怖かったような???

最後のクッパ様とご対面。虹色じゃない!!!!!

・・・・・・と、思いつく限りでこんな具合でした。あの頃ちょっとびびるくらい怖いグラフィックだったあの敵たちは、優しくなって登場でした。あえていうならば、テレサキングだかの笑い声がちょっと怖かったかなあ?という程度で。

DSになって解像度も上がって、少し滑らかになったんでしょうね。

ミニゲームが追加*ピーチ姫の部屋が可愛い!

原作ではピーチ姫のスライダーコースへ行ける部屋に、ヨッシー以外のキャラが閉じ込められている部屋がありました。そこにもう一つドアがあり、そこに入るとピーチ姫のお部屋です。ポップでキノコで可愛い!キノピオもいますが、大きい引き出しが。

それがミニゲームです。城内外をぴょんぴょんしているミップを捕まえることで、ミニゲームの鍵を手に入れることができ、遊べます。本編攻略には関係ないみたいなので、コンプリートしたい人は集めるといいかもです。

ミニゲームの内容は、マリオパーティのミニゲームみたいなもので、絵合わせとか間違い探しとかソリティアなどのカードゲームなんかもありました。本当に様々で、全部で28種類。パワースターを150個全て集めないと出現しないミップもいるようです。

タイトル画面からも遊べるので、ちょっと遊びたい時にはいいかもしれません。

問題のエンディングとその後!原作との違いは?

さて、原作ではマリオが無事にクッパを倒し、壁に囚われたピーチ姫を救い出しました。クリア後は、お城の池の近くにある大砲が開放になり、お城の屋根の上に上がることができたのです。

そこにある特典といえば、ヨッシーがいて、無駄に1UPを持てるだけ(つまり100基)くれるという、もっと自由に遊んでね!という開発からのプレゼントでした。

んが!DS版はどうでしょう。ヨッシーが既にいるのです。

エンディングにてピーチ姫に「ヨッシーもおいで。ケーキを焼くのを手伝って」と言われてひょこひょこ中に入っていくのですが。

クリア後、大砲が開放されるのは同じ。屋根に上がってみますとそこには・・・・

え?

何度見ても同じ。クリアした喜びが・・・・・。

ちょっとがっくしでした。まあ、楽しかったから良しとしましょう。

噂によると、ペンギンスライダーのペンギンが少し太ってるらしいです。今度見てみようかしら。

原点回帰な作品

マリオの中でもアドベンチャー系でいうと結構初期の方だと思われるので、原点回帰な作品なのかな〜と思います。それまでは横スクロールだったり、RPGだったりするので、アクションアドベンチャーの原点はここだったのではないかと。

原作を知ってる人にとってはハードを選べばとても楽しめる作品だと思いました。

これから遊ぶ人もWiiUのダウンロード版があるようですし、原作がいいならそちらもWii Uのバーチャルコンソールでダウンロード販売されいるようですので、おこもりゲームにいかがでしょうか?

今回遊んだゲームはこちら!

読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
せんば千波
管理栄養士として委託会社、障がい者施設を経験。仕事でのメンタルブレイクをきっかけに好きなことをしようと心に決め、働き方、生き方について分析、学習するようになった。心と体の健康を追求し、言葉と音楽の力を信じて生きている。物語ゲーマー、旅と料理が好きな健康オタク。姪っ子育児に奮闘中!