栄養士のお仕事

栄養士はどこで働くの?〜職場編〜

栄養士、管理栄養士になったら、実際にどういう職場で働くの?

多くは病院かと思いきや、現代では様々な機関で活躍することができます。

ええ!?こんなとこにも!?と、意外と知らない職場までご紹介します。

結構幅広いんですよ。

医療系

主に病院やクリニックにて、管理栄養士として就職すると、患者さんに対してその人に合わせた栄養管理、栄養指導を行います。看護師や薬剤師との連携も必要になるので、薬に関する知識や病理に関する知識を常に学ぶ必要があります。医療従事者という扱いになり、病院で個人の栄養指導を行うことができるのは栄養士ではなく管理栄養士の資格が必要です。

学校

小学校、中学校、給食センターで生徒さんの栄養状態を考慮した献立作成等、給食業務が種となります。小中学校では、学校栄養職員と栄養教諭という職種があります。どちらも栄養士、管理栄養士の資格が必要ですが、栄養教諭となると栄養士免許プラス栄養教諭免許が必要です。

栄養教諭…学校職員として、生徒の栄養管理に加えて食育計画の作成や個別栄養指導なども行う。

福祉施設

老人保健施設などの高齢者施設や障がい者の施設にも栄養士がいます。給食管理会社が施設から業務委託をされて入っている場合が多く、施設側に属する栄養士は、入所や利用者の栄養管理、栄養ケアマネジメントという生活や食事面の改善を図る計画の作成などを行います。

給食管理…献立作成、食材発注、在庫管理、日報月報管理、食材費管理、衛生管理等の「食事を提供すること」に関して付随する作業全てを含めた業務。

 

行政

各自治体の役所や保健所、保健センターに属する栄養士や管理栄養士。地域住民の栄養管理として乳幼児健診、特定健診・特定保健指導を保健師と行ったり、地域の食育や健康に関する企画を立案したり、地域住民に対する健康調査を行ったりします。地域によって行うことが違いますが、栄養相談や健康指導、訪問指導など、公衆栄養に関わることのできる職場です。また、扱いとしては公務員となります。

研究機関、大学

大学院や大学、企業の研究機関等に入り、栄養素の研究や食品、健康、介護、医療、福祉、スポーツ等様々な分野において研究が行われています。食品企業であれば商品開発に携わることもできます。大学であれば教授や教授の助手として、栄養士や管理栄養士の育成に携わります。

スポーツ栄養

アスリートを支援するのにスポンサーがついてますよね?そのスポンサーになっている企業に属している栄養士がスポーツ栄養専門の栄養士として、アスリートの栄養管理や体調を管理しています。フリーの方もいらっしゃいます。スポーツのための体づくりや栄養補給方、トレーニング前後の食事についてやケガ予防の知識等、スポーツ栄養という分野が栄養学にあるほど専門性が高いです。スポーツジムブームもあって、パーソナルジムに所属する栄養士や、地域の野球少年団や子供たちのスポーツ団体に所属している方もいらっしゃいます。

なんでもありの給食委託会社

なんでもありは言い過ぎかもしれませんが、栄養士養成校から就職率が高い「給食委託会社」があります。給食管理を施設や企業の食堂等、食事を提供する施設から業務委託をされる会社です。やることは給食管理が主ですが、時に出向という形で、その施設に所属となり、利用者の栄養管理や栄養ケアマネジメントを行うこともあります。

また、稀ではありますが、栄養士から委託会社の栄養マネージャーという、会社で栄養士の研修や栄養士のサポートをしたりする営業職のようなもの、に転身する方もいます。

その他、こんなところに栄養士

さてさて、まだあります。意外や意外。

  • 調剤薬局、ドラッグストア →栄養指導をしたりもするけど、基本はレジとか品出しもする
  • ダイエットサポートやレシピサイトの企業 →FiNC、Noom、クックパッドなど
  • 保育園、幼稚園(調理員兼務だったりする)
  • 一般企業(普通に営業やってたりする)
  • 美容業界(エステティシャンとか、化粧品販売とか)

とにかく、「食・健康」この知識を活かしたものであればどこでも行けるような気がします。自分がやりたいこととやりたくないことを明確にしておけば、ここは嫌だな…と判別できるところもあるかもしれません。

働く場所も色々と知っておくといいですよ。

それではまた。

参考URL:公益社団法人 日本栄養士会

ABOUT ME
せんば千波
管理栄養士として委託会社、障がい者施設を経験。仕事でのメンタルブレイクをきっかけに好きなことをしようと心に決め、働き方、生き方について分析、学習するようになった。心と体の健康を追求し、言葉と音楽の力を信じて生きている。物語ゲーマー、旅と料理が好きな健康オタク。姪っ子育児に奮闘中!